氷点下のお休み習慣

寒中を迎えた駒ヶ根です。毎晩、当たり前に-10℃位まで下がるでしょうか。これからは日中も0℃以上にならない「真冬日」も多くなります。かつて長野県の小学校には「寒中休み」という連休がありました。3~4日間程度の短い休みでしたが、「あまりに寒いから学校へは来なくて良い」という意味だったと皆が思っています。しかし子供は風の子、田んぼのスケートリンクでスケートをしたり、そり遊びに興じました。近年だと、東京ディズニーランドは寒中休みの長野県民を当て込んで「長野県民パスポート」を発券していたのをご存知でしたでしょうか?土・日完全週休二日制になってしまった今では、このような独自のお休み習慣は無くなってしまいました。そうそう、田植えや稲刈りの時期には「農繁休業」というものもありました。これは「おうちの手伝いをするように」という意味に違いありません。代わりに、夏休みは短くしてバランスが取られていました。小中学校のスケジュールは各市町村ごとに決められているそうですが、一律横並びで以前の習慣は消えてしまいました。最も長野県は共働き県なので、平日に子供だけ休みでも困りますから仕方のないことでしょう、時代が違います。それにしても、昔の田舎の子は手が「あかぎれ」たり、鼻水をたらしっぱなしだったりする子がいっぱいいたのに、今見かけないのはそれだけ衣食住の環境が良くなったということなんでしょうね。

DSCN3693

 

コメントは受け付けていません。