未来へ架けろ!「大久保橋」の架け替え工事

ひと雨ごとに秋に向かっている駒ヶ根です。
駒ヶ根市東伊那から宮田村大久保に架かる「大久保橋」の架け替え工事が進んでいます。「しぶき荘」の眼下に架かる赤い鉄橋はもうすでに56歳。近年ではクルマのすれ違いにも狭い橋となっています。今回はこの赤い橋の歴史を振り返り、ここにも「三六災害の傷跡」が残っていたという話題をお届けします。

元々、天竜川を渡る場所としてこの場所は長く使われてきた歴史があります。橋などが無い時代は「渡し舟」で人々は往来していたと聞きます。
橋が架けられたのは明治時代。橋と言っても当時は「土橋」であり、橋脚は材木で組み、歩道部分に「土」を敷くといった代物ですから頻繁に流されては架け直すの繰り返しだったそうです。
大正時代に入ると吊り橋が架けられ、橋が流される苦労は無くなったものの、当時の吊り橋は揺れがひどくてトラックが川に転落する事故も起こっていたそうです。
昭和13年には県による新たな吊り橋が建設され、現在の橋の隣に聳えるコンクリート製の橋塔はその当時の遺構です。
そうしてようやく昭和39年(1964年)、近代建造物となったワーレントラス桁橋の大久保橋が建造され、平成の時代まで使用されてきたという歴史があります。

さて、架け替え工事は数年前から始まっていましたが、明らかに駒ヶ根市側に対して宮田村側の工事が進まないアンバランスな月日が続いていました。
誰もがその違和感は感じたはずです。2年程前になりますが、その理由を地元・東伊那の人に尋ねたことがあります。その方曰く、「大久保の田んぼが、三六災害の人の田んぼらしいんだわ…」それ以上はおっしゃりませんでした。

つまり意訳しますと、“工事を早く進めてほしいとは思うけれど、潰れる対岸の大久保の田んぼは三六災害で被災して移り住んだ人の田んぼだと聞く。被災して、移り住んで、苦労して開墾した田んぼを、今度は潰して下さいって言われたって、そりゃ辛い気持ちもわかる…お役所にお任せするしかないだろう…”という心の声でした。

今年に入ってからは工事も盛んに行われていますので、ナイーブな問題は解決を見たのでしょうか?
土橋が流される度に、涙をこらえて人々は人力で橋の架け替えを行っていたことでしょう。どれほどの人々が吊り橋の完成に歓喜の声を挙げたことでしょう。そして近く完成する「平成の大久保橋」もきっと、大久保の人々や東伊那の人々、行き交う多くの伊那谷の人々の喜びに叶う未来橋となることでしょう。
時代は変わっても、みんなの努力で架ける未来への架け橋なのです。

写真の橋の右側に、より直線的に新しい橋が架けられる予定です。

「知っておいてほしい」田舎のコロナ事情

お盆休みが終わり、また通常の「コロナ休み」に戻った駒ヶ根です。

GOTO運動を進める政府に対し、東京都の小池知事は地方への拡散を自粛するように呼び掛ける中、ほとんどの人が帰省や旅行を自粛したお盆でした。

実は田舎に暮らす人々にとって、コロナに対する意識は都会に暮らす人々とは随分と異なると思っています。ウイルスに対する恐怖心は共通なのですが、感染した後の社会事情が都会と田舎とでは天と地ほど異なるからです。
これは田舎特有の事情である「私がどこの誰さんかは、すぐにバレる」という世間の狭さに起因しており、むしろそちらの方を皆が恐れているといっても過言ではありません。

そもそもなのですが、田舎の人にとって東京に対する恐怖心は強く、
“都会にはウイルスが蔓延していて、それこそ皆が危険な中で生活しているのだろう…”。そう考えている田舎の人が案外多いように見受けます。
日々恐怖を煽るテレビだけを見ていれば、そんな恐怖心の塊になっても仕方がありません。その結果、東京に暮らす兄弟姉妹に対してさえも「今は来てほしくない…」と思っている人が多いというのが田舎の実情ではないでしょうか。

そして本題である、田舎特有の深刻なコロナ問題です。
もし運悪く田舎でコロナに感染してしまったとしましょう。すると突然、家族には大変な偏見や差別が始まるという実情があるのです。哀しいことですが…。
行政も住所氏名等を公表していないにも関わらず、勤め先などから「どこの誰」というのは簡単にバレて、噂は瞬く間に広がってしまう田舎特有の事情。そしてそこから始まる差別や嫌がらせは大問題です。差別の内容は噂話の類ですから真意の程は定かではありませんが、いずれにしても「自分が患かる訳にはいかない…」と誰もが堅く心に誓う程の内容です。

企業やお店の従業員の中から運悪くウイルス感染者が出てしまうと、「あそこはコロナ不動産だ」「コロナ食堂だ」などと揶揄され、肝心要の健康を回復できたとしても、勤務先や商売が廃業や閉店に追い込まれる危険性が高いのも田舎特有の実情として存在するのです。
長野県に限らず、田舎にはこうした現実があること。ウイルスの恐れや仕事がない恐怖に増して、世間から受ける差別の恐怖、会社に与えてしまう大損害の恐怖とも戦っている田舎ならではの実情があることも知っておいてほしいと思います。


駒ヶ根高原スキー場の「すすき」ももうすぐ

ハザードマップ

またもや九州では豪雨による水害が発生し、100数十名の人命が奪われました。
毎年毎年繰り返される災害と、失われる人命。憤りを隠せません。
また来年の梅雨も、日本のどこかでは堤防が決壊し、濁流が人の命を飲み込むのでしょうか?世界一の土木技術を有する日本が、水害などに負ける日本であってはなりません。
本ブログでは2018年の6月、「三六災害」の記憶に触れました。この伊那谷でも中川村四徳を中心に駒ヶ根市、大鹿村、高森町などの広範囲に及ぶ災害により、134名が亡くなったという記事です。今年は県内のマスコミがこの歴史に触れ、当該ブログ記事にも大量のアクセスをいただきました。

不動産仲介の立場から感じることは、土地を購入されるお客様の危険への意識が以前より高くなっていると感じます。危険を感じる土地には敏感で、敬遠される傾向にあります。今では簡単に市町村ごとのハザードマップが見られます。皆様には是非とも閲覧していただきたいと思います。
「そんなものを気にしていたら、どこにも住めねえ!」とおっしゃる方を見受けますが、ご注意願いたいのは「住んではいけない場所」を定義しているわけではありません。
・この河川はどこから流れてきているのか?
・普段はちょろちょろと流れている川なのに、堤防がやたらと高くはないか?
・土石流が押し寄せる危険があるのか、ないのか?

そういう知識を持ってさえいれば「早めに避難しよう」と判断出来たり、備えのある家造りができたり、基礎や擁壁を高めにしたりと、命を守る知識を育て、家族と財産を守る判断力が見に付くと思うからです。
駒ヶ根市ハザードマップ
https://www.city.komagane.nagano.jp/gyosei/kurashi_tetsuzuki/bosai_saigai/saigaihenosonae/2020.html

今からやって来る「駒ヶ根」

いきなり大雨続きの、梅雨入りした駒ヶ根です。
まだまだ自粛ムードが支配的で、秋の五十鈴神社の例大祭までも中止になったと聞きました。今から準備や稽古をしなくてはいけないので、スケジュール上の中止となってしまうのでしょう。災難の渦中にあってこそ行うべき「神事」のはずですが、現代社会においては受け入れざるを得ない苦渋の決断だったと察します。

それでもいよいよ今週からはプロ野球が開幕します。人々の生活に活力を与えることは間違いありません。無観客試合で収益は上がらないでしょうが、ラッパや太鼓の音ではなく、バットの打球音、キャッチャーミットの反響音から「さすがはプロ!」を感じたいと思っています。

大人達の努力によって、若者の青春にも想い出の1ページを作ってあげられそうになってきました。甲子園大会を奪われた高校球児には、県内のチャンピオンシップ大会が行われることになりましたし、インターハイの中止に対しても、恐らく代替競技が行われることでしょう。少しづつ、前向きな社会の兆しが見えます。

南割公園のハッチョウトンボが5月下旬から元気に孵化を繰り返しているそうです。彼らも懸命に生きています。
ロープウェイも工事が完了し、運航を再開しました。25年前の来客ピークはあの時代の産物。訪れる人がかつてより減ったとしても、一人ひとりに大自然の感動を与えていただきたいなと願ってます。
飲食店も営業時間を延ばし始めました。テイクアウトが普及するきっかけとなった事は意外でした。テイクアウトを利用するお客さんが多いことにちょっと希望が湧いています。
こうしてまた歩みが始まっています。かつての駒ヶ根と、今からやって来る「駒ヶ根」はきっと別物でしょう。結局は復活しなかった店舗や会社も多く見ることになるかもしれません。
それでもチャンスはピンチの後に訪れるという法則を信じて、できることを一つづつやっていきましょう。

牛乳パン

「東京で牛乳パンって、売ってないんだって!」「え~‼?」
多くの家庭が、進学で上京した子供の情報から「牛乳パン」が長野県のローカルフードだということを知ります。5月のあるあるです。
牛乳パンの詳しい説明は省きますが、県内スーパーやコンビニでは必ず売られ、高校の購買パンでも当然売られます。「何にしようかな~」と迷った時、結局買うのが牛乳パンと言えば県民からの愛されぶりがおわかりいただけるでしょうか?

駒ヶ根市では平成30年に「牛乳パン生みのまち」宣言を行いました。
牛乳パンの生みの親とされる伊那給食の中坪兼吉会長(駒ヶ根市町三区)が伊那市内のパン製造店に勤めていた約62年前に開発して販売。その後、県パン商工組合の研修で紹介したことをきっかけに全県に牛乳パンが広まったという事実を根拠に、平成30年市議会6月定例会で杉本幸治市長(当時)が牛乳パン「生みのまち」を宣言したというものです。
その背景には、「駒ヶ根ソースかつ丼」の第二弾として「牛乳パン」を駒ヶ根名物にしたいという商工会の構想がありました。

さて一方で、松本市で牛乳パンといえば「小松パン店(大正11年創業)」が本家だと考える人が多いと聞きますし、木曽では木曽福島の「かねまるパン」が牛乳パンの発祥として有名と聞きます。
つまり、元祖…等々を持ち出すことは多くの人が大切にしている感情を逆なでするので得策ではないかもしれませんね。

山梨の信玄餅、浜松のうなぎパイ、駒ヶ根の牛乳パン…こういうものにしたいと考える戦略構想は正しいと思いますが、「元祖」とか「発祥」とか言ったところで効果は望めず、むしろ「反発心」や「憎しみの論争」しか生まないことを既に駒ヶ根市民はソースかつ丼で経験しています。
先ずは全市民参加型の「駒ヶ根市民はどこよりも多く牛乳パン食べてますけど…何か?=既成事実アリバイ作戦=」から始めましょう!

駒ヶ根で牛乳パンと言えば「田中製パン」
懐かしの「すずらんあんパン」も現役で絶賛販売中!

来年は駒ヶ根「元年」

4月7日に緊急事態宣言が出されて最初の週末です。
たとえ長野県であっても、地方の駒ヶ根でも、ウイルス感染者は身近に存在する事態になってきました。都市と多少異なるのは、田舎はお年寄りの割合が多いので感染させてしまうと大変です。これが特に気を使います。

周囲の様子を観察してみますと、家での食事が増えている影響でしょうか、スーパーの買い物客が普段より多く感じます。きっと郵便物を出す人も増えているのでしょう、郵便局の駐車場が普段より混んでいますね。それと、行き交う人々は皆マスクをしているのですが、いったいどこで買えるのだろうか?といつも疑問に思います。

来年の今頃は、きっと新しい駒ヶ根に生まれ変わっているに違いないと期待を持っています。来年こそは多くの日本人客が駒ヶ根を訪れ、当地の良さに触れて「会社も毎日行かなくて済むから、ここに家を持つのもいいなあ」と思ってくれる「元年」になるとの、大胆予測をしているところです!

山の上の枝垂れ桜と穴山の桜と中央アルプス/駒ヶ根市中沢

 

ピンチはチャンス!

昼間のストーブが要らないまでになった駒ヶ根です。
春へ近づく一方で、駒ヶ根の惨状を書き綴ってみても暗くなるのでやめておきましょう。
そこで今回はあるぷす不動産プレゼンツ、「ウイルスに負けるな!こんな状況でも駒ヶ根は楽しい!」というご提案をしようかなと思います。独自の見解に基ずくささやかなご提案ですが、皆様の心がウズウズしていただけるならば幸いです。
(1)さっそくバーベキュー…葉物野菜が値崩れ気味だそうです。子供は休みだし、今年初・家族だけのアウトドアバーベキューはいかがでしょうか?野菜をしっかり食べて免疫力を高めましょう!
(2)いちごパフェを作ろう…いちご狩りシーズン真只中ですが、観光客の減少で出荷がダブつき気味です。このチャンスにいちごをたっぷり使ったいちごパフェを作ってみましょう!ご心配は無用。いちごパフェは味の失敗が全くないのが強みです。パフェグラスに見立てたお父さんのビールジョッキに、ホイップクリーム、アイスクリーム、そしてイチゴを思い思いに詰め込めば完成です。
(3)お寺にお参りに行こう…桜の開花はまだですが、お寺に植えられた多くの草木が芽吹き始めています。生命力を分けてもらいましょう。コロナウイルスの早期収束を祈願するのも忘れずに。
(4)ウォーキングに出かけましょう…ジャンパーを脱いで、場所を変えたウォーキングもお勧めです。駒ヶ根高原のこまくさ橋周辺の遊歩道デッキ、また馬見塚公園などはおすすめです。風を感じて健康増進!
(5)地酒を買い込もう…お父さんには朗報です。アルコールを飲んで体内消毒しましょうと、実に好都合の言い訳がまかり通り始めました!このチャンスに地酒の飲み比べはいかがでしょう。ご購入は街の酒店でどうぞ。
(6)カメラマンになろう…高額なカメラを買う必要はありません。ケータイで駒ヶ根の自然風景をパシャパシャとやってみてください。インスタへアップして駒ヶ根市を全国へPRしましょう!駒ヶ根の美しさに触れて「映える~」とつぶやくのです。
(7)ソースカツ丼を作ってみよう…自宅でソースカツ丼を作れたら良いですよね!ソースかつ丼ソースまでも自分で作れるとは感激です。クックパッドで「駒ヶ根ソースカツ丼」と検索してみてください。我が家の味が一つ増えますね。

ウイルスに羅漢しない努力も必要ですが、じっとしていないで気力と体力を高めておくことこそ重要です。太るくらいにいっぱい食べて、楽しく日々を過ごす努力をしていただきたいものです。それが一番の健康管理ではないでしょうか。
ピンチはチャンス。きっとすぐそこにチャンスが来ている。

いちごパフェのお手本:ペリカンのいちごパフェ(期間限定)

ゴミの分別の歴史

「市報こまがね」によりますと、「プラスチックごみ」への啓発記事がありましたが、皆様はご覧になられましたか?
昨年4月に「廃棄プラスチック(黒色ゴミ袋)」が廃止されましたが、その分が「燃やせるゴミ(赤色ゴミ袋)」に回ってしまって、予想以上に燃やすゴミの量が増加しているというものです。
記事によれば、“容器を洗えば”資源プラごみ(紫色ゴミ袋)に回せる物も多いので、そうして欲しいとありました。確かに廃プラは燃やせるゴミで良いとアナウンスされていましたが、かといって燃やすごみの量があまりに多いと市の財政負担も増すので困り物です。すみやかに駒ヶ根市民は市報に従うことでしょう。

これを市報だけで出来てしまうのは駒ヶ根市民の凄いところだと思います。きっと他国では真似できない先進性であり、市民意識の高さだと思います。

駒ヶ根市のごみの分別は全国的にもいち早く取り組まれた市の政策でした。自前のゴミ焼却工場を持てないまま、バブル期で増え続けるゴミ処理に頭を悩ませていた頃に登場したのが当時48歳の若き中原市長(2016年没)でした。まずモデル地区から始めて徐々に市内全域に広げるようにして、焼却ゴミを減らし、分別して回収ゴミへと切り替えていったことが始まりです。
ちなみに横浜市がゴミの分別を始めたのは、駒ヶ根市から遅れること15年も後のことでした。そんな長い歴史があり、身についてしまった分別意識は真面目な県民性も相まって、すっかり市民の体に浸透してしまいましたね。

ただ近年になってから、社会のためと思って分別してきたはずのプラごみのほとんど=日本全体では70%が結局は焼却処分されているという事実を知った時はショックでした。きれいに洗って分別すれば、またきれいなプラスチックになって再利用されているものとばかり思っていたのに、本当の意味でプラスチックにリサイクルされるのは4%程度だそうです。技術的にもコスト的にも現実的じゃないのだそうですね。

当然、今では市民の多くもその事実を知っていますが、かといって今後もルールには従いますし、何よりも分別する習慣をやめようとは思わないのではないでしょうか?燃やされるとわかっていても自分の家の中では洗ってから一時保管したいし、ゴミの日に「汚いごみを出す家」などと言われたくありませんから。
衛生的な日本人にとっては、それが先進国に暮らす日本人たる姿「美意識」の高さだと思います。面倒なひと手間ですが、がんばりましょう!

市報こまがね
https://www.city.komagane.nagano.jp/gyosei/shiseijoho/kohokocho/shihokomagane/index.html

2020年 新年のトピックス

本年も駒ヶ根のあるぷす不動産をよろしくお願いいたします。
駒ヶ根は、今年を占うかのような波乱と期待の入り混じった新年を迎えました。

トピックスのトップは駒ヶ岳ロープウェイの運休でしょうか。運行点検で支柱の変形が見つかり、復旧するまで不通となってしまったというニュースです。数年前にも同じような問題が起こったことを考えますと、既に50年を経たインフラを保つことの大変さを感じます。何よりも安全第一ですが、経済への悪影響は最小限にとどまるように祈っています。
(駒ヶ岳ロープウェイhttps://www.chuo-alps.com)

更には日本中で深刻な雪不足が駒ヶ根にも影響しています。駒ヶ根高原スキー場は人工雪スキー場ですから無関係のように思われますが、今年の冬は冷え込まず、人工雪を思うように作れなかった影響で本格的な営業は1月下旬からとなってしまうでしょう。

一方で明るい話題は、交通インフラの本格運用という話題です。
当社の前を走る国道153号線伊南バイパスは、市内の通行部分が2車線化しましたし、当社のすぐ隣の南田信号からは一気に広域農道までを結ぶ道路「中割経塚線」が開通しました。常々、並行して走る広域農道と伊南バイパスとのアクセスの悪さが指摘されていましたので、この道路は更に改良を経た後に市内の基幹道路となるでしょう。

そして最後になってしまいましたが重大なトピックを忘れてはいけません。1月26日は駒ヶ根市長選挙が行われます。3期12年を務めた杉本市長は引退し、新人候補2名の争いです。新市長は困難な時代に立ち向かうわけですが、市民の期待に応えて大いにご活躍をいただきたいと思います。

開通した中割経塚線(武道館西信号から撮影)

駒ヶ根駅前リニューアル工事完了

市街地再開発事業として駒ヶ根駅前広場がリニューアルしました。
しかしこのことを市民でさえ知らないのも事実で、それが今の時代を反映しています。市では「駒ヶ根市の玄関口としての魅力不足を解消したい」との想いがあるそうです。

高速バスがなかった時代、上京するためには駒ヶ根駅から特急列車に乗り込みました。当時の特急車掌さんは真白な制服姿でとても華やかでしたね。かつては東京とを結ぶ玄関口はただひとつ、駒ヶ根駅でした。
以前の駅舎内には喫茶室があり、近所のモダンなお年寄り達が集っていたように思います。あの緑色のジュースがクリームソーダだということを知ったのも、ずいぶんと経ってからでした。古くは、駅を出た左側に映画館もあったと聞きます。文化はいつも駅からやってきて、それを求める人々が駅周辺に集まる光景は何と眩しかったことでしょう。
駅舎の傍らでは、登山者たちが大きなリュックサックをおろして床で寝ている光景も日常的でした。今よりはるかに駒ヶ根駅は登山の玄関口としての役割を担っていたのです。中ア観光の赤いバスは、たくさんの登山客やロープウェイ客を乗せて重そうに黒煙を吐きながら駅前を発車、広小路を上って行きました。
駒ヶ根のランドマークは中央アルプスです。駒ヶ根高原/光前寺を起点に、インターチェンジを経て駒ヶ根駅に至るまでの線がより太く一本に繋がると、観光地・高速道路・高速バス・鉄道がすべてリンクすることに気づきます。街がリンクした日、駒ヶ根駅前は起点としてあるいは終点として再び輝きを発し始めることでしょう。このリニューアルはその一環であると期待しています。
では皆様また来年!