200人の赤ちゃんたちへ

“日本の少子化に歯止めがかからない”
皆様もご承知の通りです。

結婚していない中高年男性が多いことも確かですし、駒ヶ根や近隣市町村で抱える切実な問題だと思いますが、少子化に影響するほどの割合にまで達するとも思えません。関連はあるものの「お見合い制度」といった別の問題でしょう。
そしてほとんどの人が遅かれ早かれ結婚して、2人くらいは子供を儲けています。
つまり
少子化問題とは、「もう一人、産んでもらえませんかね?」という問題なのであれば、収入、住環境…あれやこれやの問題が複雑に絡みあい「とても無理!」となってしまうのだと思います。
厚生労働省のグラフを見ても、好景気に沸いたバブル期(1985年前後)でさえも出生数は増えていません。年収が右肩上がりだったバブル期でさえ下がり続けた出生数。「3人目には1,000万円の支給案」を言う人がいますが、物事は「一時金」などの単純な問題ではなさそうです。

さて先日、大きな発表結果がありました。
2020年(1月~12月)の駒ヶ根市の出生数は200人。さらにこれは前年の234人からもさらに大きく減少したそうです。
駒ヶ根市役所も衝撃的な結果を受けて、「何もしない訳にはいかない」とばかりに、令和3年度から令和5年度の3年間を集中的に結婚・出産・子育て施策の充実化に取り組む全力応援期間とする『子育て全力応援』を宣言しました。
ざっくりと申し上げますと①行政サ―ビスの格上げ(結婚のお世話から支援する)②出来る範囲での費用補助を行うというものです。必要とされる方は積極的にご相談してください。

赤ちゃんが200人しか産まれなかったとなると、6年後の中沢小学校の新入生は割合から計算すると12名になります。東伊那小学校は14人。
全校児童数も70名を下回っていく可能性が高く、何よりも子供たちの為に、小・中学校の統廃合も考えてあげなければいけません。

一方で、駒ヶ根市の死亡者数を調べてみましたら、毎年400人ほどでした。つまり、駒ヶ根市は純人口が毎年200人づつ減少しています。
20年後に、昨年産まれた200人が大人になった駒ヶ根は人口25,000人ほどのほんの小さな街。「負の遺産」だけを可愛い200人に押し付けて去っていかないように、小さくても誇りある「駒ヶ根」を譲り渡す使命が我々には残されています。

中沢の花桃

夢をつなぐ「聖火リレー・伊那会場」

東京オリンピックに向けて、3月25日からは聖火ランナーが全国を走ります。
長野県内は4月1日~2日の2日間にかけて14の地域で行われ、駒ヶ根では4月2日に行われる伊那市の会場が該当します。伊那会場では、伊那市街地の直線2.4㎞を4名のランナーが聖火を繋ぎます。

「なかなか良い人選をしたなあ。」聖火ランナーには皆様がこんな感想をお持ちではないでしょうか?特に伊那市と駒ヶ根市から選抜された2人を見て、この選考判断たるや、なかなかのお見事と言わざるを得ません。これぞ夢をつなぐ聖火リレーです。

伊那市選出は、 “幻のモスクワオリンピック代表” ご存じ長距離ランナー「伊藤国光」さん。上伊那農業高校出身。昔は上伊那の優秀な中学生ランナーは上伊那農業高校に入学したものですが、そんな歴史のアイコンとして「伊藤国光」さんの存在があります。近年でも上農の歴史は脈々と受け継がれており、山梨学院大学に進学した「桃澤大祐」君(中川村出身)が「箱根駅伝・山下りの6区」の大役を3年連続で務めました。

「伊藤国光」選手は小柄で、しかも苦しくなると懸命に首を振りながら走る姿が印象的でしたから、その記憶が浮かぶ長野県民もきっと多いはず。『世界最高のランナー』と言われながらも、何故かマラソンでは一度も優勝できなかった無冠の帝王でもありました。

そして駒ヶ根市選出は「伊藤大志」君。彼の名は覚えておいて下さい。将来を有望視されている長距離ランナーです。駒ヶ根市赤穂中学校から佐久長聖高校へ進学し、この春からは早稲田大学に進学します。
長距離ランナーとしての才能は中学生の頃から発揮しており、出場したジュニアオリンピックでは3,000mで3位の成績を上げて陸上の名門・佐久長聖高校へ進学。高校では5,000mで歴代2位の好タイムを叩き出し、全国トップクラスのランナーとして既に知られた存在です。
2021年からは早稲田大学に進学しますので、まずは「箱根駅伝」、恐らく数年間は箱根ランナーとしての雄姿を見せてくれるでしょう。

こうして伊那市を会場にした聖火ランナーは、時代を築いた往年の長距離ランナー・レジェンド「伊藤国光」さんから、日本の長距離ランナーへと開花を始めた「伊藤大志」君へのオリンピックの炎がリレーされます。

「幻」となって消えてしまった元オリンピック選手にとっては、41年もの時を経て形を変えたオリンピック参加になりました。伊藤国光さんから伊藤大志君には『将来、日本のオリンピック選手になれ!』とのエールと共にオリンピックの炎が引き継がれます。
新旧ランナーによる、オリンピックの夢をつなぐリレー。
4月2日は間もなくやってきます。

画像は「NHKアーカイブス」より https://www.nhk.or.jp/archives/
(12番カネボウ選手時代の伊藤国光選手/宗選手と瀬古選手と共に)

感謝の祈り

昨年の春頃でしたでしょうか。佐久へ出張に向かう途中の、とある街道沿いでの光景です。
信号待ちで停車した交差点には老婆が立っていて、信号を渡るわけでもなく、大きな買い物袋を手に抱えたまま、何やらどこかに向かって合掌をしている光景に出くわしました。
信仰心深く祈りを捧げる方角の50m先には、何百年とそこに存在しているであろう街道沿いの「お堂」が現れます。先ほどの交差点からお堂へは、老婆にとっては長い距離です。重い買い物袋を提げたままで往来の激しい国道を渡り、また引き返して来なくてはならないのです。
きっといつもこうして、交差点を渡ることなくしばし合掌を捧げた後に、お堂とは反対方向へと帰っていくのでしょう。

「きっと一人暮らしなのだろう」とは察しがつくものです。
しかしその安らかな敬虔な祈りの所作には、お願い事などでは決して無い祈り、何かに深く「感謝」している祈りのみが発するオーラと美しさがありました。
一人暮らしを嘆くわけでもなく、買い物に歩く辛さを恨むわけでもなく。長生きに感謝しているのか、はたまた離れて暮らす孫の就職が決まったことに感謝しているのか…とにかく『感謝の祈り』だということは強く伝わってくる光景でした。

2度目の緊急事態宣言の今、人々の置かれる境遇が厳しさを増しています。するとどうしても他人を非難したり、人の責任にしたり、他人の豊かさを恨んだり、全体主義思想が台頭したりしてきます。
明日を生きられなくなり、自殺してしまうニュースも耳に入ります。
あの日見かけた信仰心溢れる老婆は、今の私たちに何を語りかけるでしょう?
突然、私の脳裏にあの老婆が現れたのは「私を真似てみなさい」と教えに来てくれたのかもしれません。皆さんも一緒にやってみませんか?
今日できる感謝はたくさんあります。
大切な家族を病気から救ってくれてありがとう。
今日も三度の食事が出来てありがとう。
今日もアルプスがきれいだね、ありがとう。
駒ヶ根に暮らせてありがとう。
立春を越えました。春は必ず訪れます。

プロ野球選手

今年も、あるぷす不動産をよろしくお願いします。

昨年末、一人のプロ野球選手がひっそりと引退をしました。横浜DeNAベイスターズ百瀬大樹内野手。松本第一高校からドラフト6位で入団した長野県の選手です。横浜球団らしく、かつての「スーパーカートリオ」を彷彿とさせるような俊足を買われてのドラフト指名でしたが、2020年をもって契約外となってしまいました。同郷で長野県のアイドル・松商学園出身の上田佳範コーチと共に横浜スタジアムに立った姿には熱いものがこみ上げました。夢を見させてもらってありがとう!

さて、駒ヶ根出身のプロ野球選手をお話する良い機会になりました。今回は偉大な彼を振り返っておきましょう。
「川島正幸」元ロッテオリオンズ外野手。赤穂中学校から松商学園に進み、2度の甲子園出場。1977年ドラフト4位で当時のロッテオリオンズに入団し、市民県民の星となりました。
2軍ではズバ抜けた長打力が花開き、イースタンリーグのホームラン王を獲得して1軍への切符を手にします。今は無き川崎球場で、あの落合選手と共にプレーをしていたのです。
しかしプロの世界とは厳しいもの。稀代のスラッガーでさえも、なかなか1軍に定着することは出来ませんでした。惜しまれながらもプロ生活7年間を終え、引退となったのです。

地方のプロ野球中継とはテレビもラジオも巨人戦…。当時にロッテの試合などが見られるはずもありません。そんな中、全試合が雨で流れた日がありました。ラジオ中継の代替番組中『ロッテの2軍選手寮では…川島選手は甘い玉子焼きが好きで…』と流れた事がありました。本来ならばど~でも良い内容ですが、川島選手の話題がラジオで流れた!と小躍りしたものです。

引退後は駒ヶ根に戻り、少年野球の指導に力を入れていらっしゃいます。早起き野球にも登場されましたので、多くのメンバーは彼の凄さをまざまざと知っています。
川島選手が打席に立つと「そこまで下がるか!?」という程に、草野球ではありえない深さまで外野手は下がります。それでもさすがは川島選手!。打ち損じたフライでも、その深さまでボールを飛ばすのです。「ああ、これがプロ野球選手というものか…」と心から感嘆する光景でした。我々凡人とは天地ほど異なる才能なのです。

地方出身のプロ野球選手は、たった一人で地元の人々に活力を与え、勇気を与えられる特別な存在です。そして野球少年たちの希望の星です。
いつの日にかまた駒ヶ根からプロ野球選手が生まれる、そんな時代を待ちましょう!

画像:川島氏が監督/駒ヶ根リトルシニアFaccebookより
https://www.facebook.com/KomaganeDreams/

近代国家を目指せ!南向発電所と吉瀬ダムと電力王「福沢桃介」

散々な2020年も、残すところあと2週間となった駒ヶ根です。
当ブログは、月を追うごとに読者が増えていることを承知しています。ありがとうございます。先日も大きな放送局からブログ記事を辿って取材のお電話を頂きました。多くの方に読んでいただけるので、今月は来年への勇気が湧く史実をお伝えして本年の締めとさせていただきます。

「日本が近代国家を目指して輝いていた時代」電力王の呼び名で名高い「福沢桃介」がいました。福沢諭吉の娘の婿養子であった彼が手掛けた最後の発電所建設が南向発電所(みなかたはつでんしょ・中川村大草)でした。
水力発電に情熱を注いできた彼は、晩年を迎えてようやく夢であった天竜川による水力発電に着手します。当時の南向村に発電所を建設するにあたっては、その前に工事用の電力を確保する目的から「大久保ダム・大久保発電所」を建設します。これが宮田村と駒ヶ根市の境にある大久保ダムの本来の目的です。
次に南向発電所のタービンを回す大水力を得るために、取水目的で建設されたのが「吉瀬ダム」(駒ヶ根市中沢)だったというわけです。したがって吉瀬ダムや大久保ダムは台風時に洪水を防ぐといった防災機能は持ち合わせてはいません。

さて、吉瀬ダムで取水した水を発電所まで届けるには、12㎞にも及ぶ水路を建設する必要があります。それは重機などまだ無い時代に、天竜川沿いの急峻な崖や山の中、沢を超え田畑の地中を抜ける難工事です。しかし当時の日本人の体力は想像以上にすさまじかったと言えるでしょう。2年間の工事を終えると、標高差約80mを下った大量の水は大きなタービンを物ともせずに回し、発電所は送電を開始したのです。
ちなみに筆者が子供の頃、探検中の山中で突如出くわしたこれらの太い水路トンネルや大きなコンクリート製の水路には思わず驚嘆し、滔々と流れる太く静かな水の流れには恐れ慄いた記憶があります。
そうして作られた電力は家庭の裸電球に柔らかな明かりを灯し、工場の旋盤を回し、急速に国力を高めていく原動力となりました。昭和になりたてのそんな時代、ここ伊那谷でも日本の近代化を確かに支えていたのです。

福沢桃介は南向発電所の完成を待たずに60歳を期に引退をし、その9年後にこの世を去り伝説の人となります。
昭和4年に完成した南向発電所は原子力発電所が止まっている事情もあり、90年を経た今もなお現役です。
タービンを回し終えた大量の水は天竜川へ戻るのかと思いきや、さらに別の水路を下り下伊那郡の田んぼを潤し農業用水として活用されてからその役目を終えています。

情熱を傾けた電力王がいて、遠く離れた駒ヶ根市のダムが中川村の発電を支える、90年を過ぎた今でも先人の恩恵を享受する我々がいる。
ちっぽけな私たちでも、一人ひとりの注ぐ情熱はきっと誰かの役に立つことでしょう。来年はきっと良い年です!
ピンチはチャンス、また年越しにお会いしましょう!

南向発電所(中川村)


吉瀬ダム(駒ヶ根市)

地方移住と野生動物との距離

11月6日、赤穂東小学校付近でクマの目撃情報がありました。駒ヶ根駅からもほど近く、工業団地と住宅地が入り混じる市街地ですので、何かの見間違いであってほしいという思いと同時に、学校付近ですので子供たちには何事も起こらないことを祈ります。

皆様ご存じの通り、今年は全国で1万数千件ものクマの出没情報があり、63人が襲われうち2人が死亡しているというニュ―スがありました。
コロナ禍以降、長野県の不動産業界へは「地方移住」「別荘」といったキーワードからの検索が多く寄せられ、都会からの注目を集めています。
全国のクマ騒動や駒ヶ根のクマ目撃情報を受けて、「地方移住と野生動物との距離」という知識があった方が良いのではないかと思いましので、今月はこのお話をします。

大なり小なり、地方移住や別荘所有では野生動物、さらには昆虫との距離が極端に近くなることは知っておいた方が良いでしょう。
移住者の中には敢えて山奥を希望される方がいらっしゃいますが、その分、野生動物との距離もグッと近くなることまでは意識されていますでしょうか?
美しい声でさえずる小鳥や愛らしいリスの類は良いですが、そうばかりとは限りません。
ふと気が付けば庭にいる大量の猿の群れ、夜間には大切な畑を荒らす猪。池にやってきて魚を狙う大きな鷺。夜の峠道を我が物顔で支配する鹿の群れ。そして究極の恐怖はクマです。
広報スピーカーからクマの出没が伝えられると、パトカーが巡回し猟友会の方々がライフル銃を持ってやってきます。こうなると子供の登下校も見えない恐怖との闘いとなります。

野生動物とは距離が保てる市街地だとしても虫の類がいます。軒先の巣に群がる大量の蜂、洗濯物と一緒に取り込んだカメムシ。見たこともない大きな黒いクモや阪神タイガース模様のクモ。襖の模様が動いたかと思えば大きなムカデ。玄関を開けておいたら家に侵入したヘビ、何故かいつも玄関横にいるトカゲ。夜の蛍光灯に体当たりしては溜まったホコリを落とすコガネムシ。起床前なのに枕元で鳴き始める蝉。
こうしてまとめて書くと駒ヶ根はとんでもないジュラシックワールドに聞こえますが、日本全国・地方の山間部というのはこんなものです。
それでも皆が慣れて生活していますので大丈夫です。クマに襲われるというのは本当に稀な事例だと思っても大丈夫でしょう。
しかし、リスクが無いわけではないですし、野生の猿が大量に敷地内にいれば怖いと感じるものです。ですから地方移住の場所選びには、野生動物との距離感をどのくらい保ちたいのかも含めて検討することも案外必要かもしれません。後悔しないための地方移住へのご参考となりますように。

GO TO 駒ヶ根 !

秋のゴールデンシーズンを迎えた駒ヶ根です。

ちぐはぐ感のあったGOTOトラベルキャンペーンですが、10月から東京が参加しはじめてからというもの、一気に各地で効果を上げているようです。そもそも総額5兆円近い経済効果があるはずで、人さえ動けばお金は湧いてくる仕組みの政策ですから、是非とも可能な方は旅行に出かけてはいかがでしょう。

駒ヶ根市もサービス業が3割を占めるため、人口の多い都会からの流れが断たれると経済は苦しくなります。まずは、GOTOの恩恵に授かれる業種の方々には一円でも多く稼いでいただきたいと思います。今こそ、観光地としての強みを最大限に活かしていただきたいものです。

旅行者の皆様、GOTOトラベルキャンペーンは来年1月いっぱいまで続き、一人何度でも利用できます。秋の行楽シーズンを過ぎた冬でも「神秘に包まれた厳冬の駒ヶ根」はとても魅力的です。
GOTOキャンペーンのチャンスを活かして、冬の駒ヶ根へもまたお越しいただければ嬉しいです。

「地域クーポン券」でソースかつ丼を召し上がれ!
ソースかつ丼店のパンフレットを貼り付けておきますので、画像をクリックしてからダウンロードしてご活用ください。


「近隣観光地からのご案内」
🍎リンゴ狩り・まつかわ町~クルマ一般道利用で駒ヶ根まで30分
🍂木曽・妻籠宿     ~中央道を利用して1時間15分
🍂霧ヶ峰・白樺湖    ~中央道を利用して1時間30分
🏯国宝・松本城     ~長野自動車道=中央道を利用で1時間

未来へ架けろ!「大久保橋」の架け替え工事

ひと雨ごとに秋に向かっている駒ヶ根です。
駒ヶ根市東伊那から宮田村大久保に架かる「大久保橋」の架け替え工事が進んでいます。「しぶき荘」の眼下に架かる赤い鉄橋はもうすでに56歳。近年ではクルマのすれ違いにも狭い橋となっています。今回はこの赤い橋の歴史を振り返り、ここにも「三六災害の傷跡」が残っていたという話題をお届けします。

元々、天竜川を渡る場所としてこの場所は長く使われてきた歴史があります。橋などが無い時代は「渡し舟」で人々は往来していたと聞きます。
橋が架けられたのは明治時代。橋と言っても当時は「土橋」であり、橋脚は材木で組み、歩道部分に「土」を敷くといった代物ですから頻繁に流されては架け直すの繰り返しだったそうです。
大正時代に入ると吊り橋が架けられ、橋が流される苦労は無くなったものの、当時の吊り橋は揺れがひどくてトラックが川に転落する事故も起こりました。
昭和13年には県による新たな吊り橋が建設され、現在の橋の隣に聳えるコンクリート製の橋塔はその当時の遺構です。
そうしてようやく昭和39年(1964年)、近代建造物となったワーレントラス桁橋の大久保橋が建造され、平成の時代まで使用されてきたという歴史があります。

さて、架け替え工事は数年前から始まっていましたが、明らかに駒ヶ根市側に対して宮田村側の工事が進まないアンバランスな月日が続いていました。
誰もがその違和感は感じたはずです。2年程前になりますが、その理由を地元・東伊那の人に尋ねたことがあります。その方曰く、「大久保の田んぼが、三六災害の人の田んぼらしいんだわ…」それ以上はおっしゃりませんでした。

つまり意訳しますと、“工事を早く進めてほしいとは思うけれど、潰れる対岸の大久保の田んぼは三六災害で被災して移り住んだ人の田んぼだと聞く。被災して、移り住んで、苦労して開墾した田んぼを、今度は潰して下さいって言われたって、そりゃ辛い気持ちもわかる…お役所にお任せするしかないだろう…”という心の声でした。

今年に入り、工事も盛んになりましたのでナイーブな問題は解決を見たのでしょうか?
土橋が流される度に、涙をこらえて人々は人力で橋の架け替えを行っていたことでしょう。どれほどの人々が吊り橋の完成に歓喜の声を挙げたことでしょう。そして近く完成する「令和の大久保橋」もきっと、大久保の人々や東伊那の人々、行き交う多くの伊那谷の人々の喜びに叶う未来橋となることだと思います。
時代は変わっても、みんなの努力で架ける未来への架け橋なのです。

写真の橋の右側に、より直線的に新しい橋が架けられる予定です。

「知っておいてほしい」田舎のコロナ事情

お盆休みが終わり、また通常の「コロナ休み」に戻った駒ヶ根です。

GOTO運動を進める政府に対し、東京都の小池知事は地方への拡散を自粛するように呼び掛ける中、ほとんどの人が帰省や旅行を自粛したお盆でした。

実は田舎に暮らす人々にとって、コロナに対する意識は都会に暮らす人々とは随分と異なると思っています。ウイルスに対する恐怖心は共通なのですが、感染した後の社会事情が都会と田舎とでは天と地ほど異なるからです。
これは田舎特有の事情である「私がどこの誰さんかは、すぐにバレる」という世間の狭さに起因しており、むしろそちらの方を皆が恐れているといっても過言ではありません。

そもそもなのですが、田舎の人にとって東京に対する恐怖心は強く、
“都会にはウイルスが蔓延していて、それこそ皆が危険な中で生活しているのだろう…”。そう考えている田舎の人が案外多いように見受けます。
日々恐怖を煽るテレビだけを見ていれば、そんな恐怖心の塊になっても仕方がありません。その結果、東京に暮らす兄弟姉妹に対してさえも「今は来てほしくない…」と思っている人が多いというのが田舎の実情ではないでしょうか。

そして本題である、田舎特有の深刻なコロナ問題です。
もし運悪く田舎でコロナに感染してしまったとしましょう。すると突然、家族には大変な偏見や差別が始まるという実情があるのです。哀しいことですが…。
行政も住所氏名等を公表していないにも関わらず、「どこの誰」というのは簡単にバレて、噂は瞬く間に広がってしまう田舎特有の事情。そしてそこから始まる差別や嫌がらせは大問題です。差別の内容は噂話の類ですから真意の程は定かではありませんが、いずれにしても「決して自分がコロナに患かる訳にはいかない…」と誰もが堅く心に誓う程の酷い内容です。

企業やお店の従業員の中から運悪くウイルス感染者が出てしまうと、「あそこはコロナ不動産だ」「コロナ食堂だ」などと揶揄され、肝心要の健康を回復できたとしても、勤務先や商売が廃業や閉店に追い込まれる危険性が高いのも田舎特有の実情として存在するのです。
長野県に限らず、田舎にはこうした現実があること。ウイルスの恐れや仕事がない恐怖に増して、世間から受ける差別の恐怖、会社に与えてしまう大損害の恐怖とも戦っている田舎ならではの実情があることも知っておいてほしいと思います。


駒ヶ根高原スキー場の「すすき」ももうすぐ

ハザードマップ

またもや九州では豪雨による水害が発生し、100数十名の人命が奪われました。
毎年毎年繰り返される災害と、失われる人命。憤りを隠せません。
また来年の梅雨も、日本のどこかでは堤防が決壊し、濁流が人の命を飲み込むのでしょうか?世界一の土木技術を有する日本が、水害などに負ける日本であってはなりません。
本ブログでは2018年の6月、「三六災害」の記憶に触れました。この伊那谷でも中川村四徳を中心に駒ヶ根市、大鹿村、高森町などの広範囲に及ぶ災害により、134名が亡くなったという記事です。今年は県内のマスコミがこの歴史に触れ、当該ブログ記事にも大量のアクセスをいただきました。

不動産仲介の立場から感じることは、土地を購入されるお客様の危険への意識が以前より高くなっていると感じます。危険を感じる土地には敏感で、敬遠される傾向にあります。今では簡単に市町村ごとのハザードマップが見られます。皆様には是非とも閲覧していただきたいと思います。
「そんなものを気にしていたら、どこにも住めねえ!」とおっしゃる方を見受けますが、ご注意願いたいのは「住んではいけない場所」を定義しているわけではありません。
・この河川はどこから流れてきているのか?
・普段はちょろちょろと流れている川なのに、堤防がやたらと高くはないか?
・土石流が押し寄せる危険があるのか、ないのか?

そういう知識を持ってさえいれば「早めに避難しよう」と判断出来たり、備えのある家造りができたり、基礎や擁壁を高めにしたりと、命を守る知識を育て、家族と財産を守る判断力が見に付くと思うからです。
駒ヶ根市ハザードマップ
https://www.city.komagane.nagano.jp/gyosei/kurashi_tetsuzuki/bosai_saigai/saigaihenosonae/2020.html