‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

純白の結婚式 中央アルプス千畳敷

2017年2月14日 火曜日

毎年2月の中央アルプスでは、「中央アルプス・純白の結婚式」が行われ、今年も2月4日(土)に2組のカップルが標高2600mの千畳敷カールで永遠の愛を誓いました。山岳の天気にハラハラドキドキの結婚式でしたが、千畳敷ホテルのスタッフによる氷の手作りチャペルと、雄大な中央アルプスを背景にすばらしい挙式となった模様です。
純白の結婚式も今年で15年目を迎え、ローカルテレビ局のみならず、今年は全国ネットのニュースにもなりました。始めた当初は、あいにくの吹雪で、せっかくの新郎新婦が鼻水タラタラでテレビ中継されてしまったりと、継続が危ぶまれましたが、関係者のご尽力ですばらしいイベントに成長しました。新郎新婦の多くは県外の方々で、登山が縁で中央アルプスで挙式をしていただけるなどと、とてもうれしい限りです。きっとお二人やご参列の皆様にとっても忘れることのできない特別な日だったことでしょう。
写真:駒ヶ根観光協会&フェースブックhttps://www.facebook.com/komagane/

16602764_1218416041599757_2967682143479139625_n

薪ストーブのある暮らし

2017年1月27日 金曜日

皆さまの新年は順調なスタートでしたか?
駒ヶ根は最も厳しい冬を迎えています。さて、こちらで新築される家は、近年「薪ストーブ」が多く見られます。黒い鋳鉄のストーブはインテリアとしても堂々の存在感を放ち、大火力でクリーンに空気を温めてくれます。そして何よりも、炎や熾のゆらぎを眺める冬の暮らしは代えがたい贅沢です。コスト的には石油ファンヒーターの方がはるかに安価ですし、薪代も灯油よりは高いかもしれません。そして何よりも薪の準備が大変です。薪割りを自分でするとなれば重労働。薪の乾燥は半年以上が必要ですから、春から初めた薪割りも来年用なのです。薪置き場も結構なスペースが必要ですから、薪小屋があった方がいいでしょうし、薪運びには軽トラックも欲しいところです。
お年寄りは、子供の頃から薪集めの重労働に苦労した経験から、「薪ストーブなんてとんでもない!」と嫌う方も多くいらっしゃいます。しかし若い世代にとっては、薪ストーブを焚く冬のために夏場に汗を流すことや、手間を費やすこと、お気に入りの道具を揃えることなども含めて、「家を建てたら薪ストーブを置きたい!」と憧れるライフスタイルの一つです。
(駒ヶ根市のストーブ販売店『ファイアーサイド』様のyoutube動画をリンクさせていただきます。webサイトはこちらhttp://www.firesidestove.com

お年取り

2016年12月13日 火曜日

長野県の大晦日は、各家庭ごとにスペシャルなご馳走を囲んでの夕食・宴会が特徴で、それを【おとしとり】と呼びます。「お年取り」には都会にいる子供やその家族、兄弟などが帰省して一堂に集いますから、喜びとおもてなしの大ご馳走になるという田舎の事情があります。そして、驚かれる方も多いと思いますが、長野では「おせち料理」は「お年取り」の料理として作り、もう大晦日のうちにはいただいてしまいます。昔ですとこれに加えて、海無し県なものですから遠く富山湾から「鰤街道」を越えてきた貴重な鰤を焼き魚にしたり、「粕汁」にしたりといった風習があったようです。
現代の「お年取り」のご馳走は大きく変化し、各家庭によっても様々になりました。多く聞くのはカニや鍋、その他はすき焼き、お寿司やピザ。縁起物の「年越しそば」は除夜の鐘の前の夜食といったところでしょうか。「お年取りは、何食べた?」は新年の最も多い会話です。  🎍皆様、良いお年をお迎えください。

a111-%e9%a7%92%e3%83%b6%e6%b1%a0

 

11月の初雪

2016年11月24日 木曜日

24日未明から降り出した雪は、関東甲信越を中心に11月としては異例の積雪を記録しました。駒ケ根でも約12~13㎝も積もり、これは11月に降った雪としては観測史上で最も多い積雪だそうです。数日前の小春日和からは一転、まさかの雪にほとんどの人がスタッドレスタイヤになどまだ交換していない為、てんやわんやの状況でした。伊那谷を走るJR飯田線も架線の凍結で一時運転が止まるなどして、冬には慣れっ子の筈がカウンタ―パンチを食らったような感じです。確かに、りんご「ふじ」の収穫は最盛期中ですし、スタッドレスタイヤだって例年は12月中旬が交換のピークです。水道管の凍結防止作業もまだこれからの仕事ですから。そもそも伊那谷の人びとにとっての冬とは、1月末頃に来る超極寒のピーク時期こそ冬と体が覚えているため、「今から着てどうする!まだ早い!」などと言って、都会の人のように11月からダウンジャケットなどは着ないのです。そこへもってきて今回の積雪は、急に訪れた冬に仕方なく覚悟を決めるといった心持ちです。

img_1006

心を奪われる秋

2016年10月19日 水曜日

駒ケ根の朝晩はストーブが恋しくなる季節になりました。気が付けば黄金色の田んぼの稲はすかっり刈り取られ、周囲を囲む山々はこれから本格的な紅葉の時期を迎えます。秋は最も短い季節ですが、駒ケ根では最も美しい季節です。あと2~3週間後には中央アルプスが冠雪しますので、白い山脈と麓の黄色や赤に彩られた木々のコントラストに心を奪われます。この時期は晴天の日が多いので、夜には澄んだ空の星が降ってくる様です。りんご「ふじ」は収穫の最盛期を迎えますので果樹狩り、紅葉狩りに訪れるお客さまには本当におすすめの季節です。

_dsc0016

大宮五十鈴神社の大三国

2016年9月28日 水曜日

9月の駒ヶ根はイベントが目白押しで、とても豊かな文化行事に触れることができました。その中で、毎年秋分の日に行われる大宮五十鈴神社の例大祭も、9月22日に盛大に行われました。大宮五十鈴神社と言えば、宵祭りの「大三国」と呼ばれる筒花火の奉納行事が大変有名です。例大祭は、上穂、北割、中割、南割区の氏子たちの年番制で守り継がれています。打ち上げ花火と共に、祭りの圧巻は夜7時からの大三国です。櫓の上に仕掛けられた筒花火から音を激しく上げて火花が吹き出し、火の粉を浴びながら氏子衆が上半身裸の腹掛け姿で纏を回しながら厄払いを行います。「わっしょい わっしょい」の気勢の中、男の祭りは盛大に執り行われます。見学者も火の粉を浴びますから、衣類の焼け焦げには覚悟をして、また来年もお越しください。(写真提供:駒ヶ根市)

14834_801

 

戦争の記憶「松の脂を燃料に」馬見塚公園

2016年8月31日 水曜日

駒ケ根市の最南部にある馬見塚公園は桜とつつじの名所として市民に愛されています。その馬見塚公園の松には奇妙な傷痕の松を見ることができます。これは「傷痍軍松」と呼ばれているもので、幹の皮をはぎ取られ、斜めにキズ跡が残った痛々しい姿を現代の我々にも見せています。戦争も末期になるといよいよ日本は深刻な燃料不足となっていました。そこで軍部は、松脂から航空機用燃料を作ろうと松脂を採ることを国民に推奨したのです。このような傷痕を残す松は長野県の各地でも見ることができます。結局は松脂からは、とても航空機に使えるような燃料は精製できなかったそうです。終戦記念日のあった8月のトピックでした。

IMG_1224

ふるさとの丘 東伊那

2016年7月20日 水曜日

天竜川の東岸にある東伊那地区のふるさとの丘は、長野県の「信州ふるさとの見える丘」の認定を受けたビュースポットです。
付近一帯には駒ヶ根市シルクミュージアムや全天候型グランドのアルプスドーム、そしてマレットゴルフ場などがあります。
「ふるさとの丘」は広い芝生の丘となっていて、眼下に天竜川や田園風景、駒ヶ根市街、そして中央アルプスの山々が一望できる大変美しいビュースポットです。
実は特におすすめなのが夕方から夜にかけての景色です。夕日が中央アルプスに沈み始めると、アルプスの長い稜線は紺碧のシルエットに変わります。やがて駒ヶ根市街には明かりが灯り始め、ささやかな夜景へと変化します。筆者も夕方の「ふるさとの丘」はとても好きな場所です。
画像提供駒ヶ根市役所  http://www.city.komagane.nagano.jp/

ふるさとの丘

ハッチョウトンボ南割公園

2016年6月22日 水曜日

1円玉の直径ほどの小さなハッチョウトンボは、日本一小さなトンボとしても知られ、駒ヶ根市の昆虫に指定されています。
ハッチョウトンボは全国に分布するそうですが、その生息場所はごく限られ、駒ヶ根市で発見された当時もごく少数だったそうです。1989年、南割地域の湿地帯に住み着いたハッチョウトンボが発見されてからは、トンボの保護に思いを寄せる人たちによって静かに見守られてきました。その後、駒ヶ根市の南割公園に市営野球場建設の計画が持ち上がり、公園整備にともなってトンボの生息地域の湿地帯も整備されることになりました。ハッチョウトンボは市の昆虫の指定も受け生息地の保護を受けることになったのです。5月中旬から羽化が始まったハッチョウトンボは9月上旬まで赤色に変化していく様子を観察することができます。
愛好家の方がアップしたYouTUBE動画をリンクさせていただきました。どうぞご覧ください。

駒ケ根高原ウェディング

2016年5月18日 水曜日

ブライダルシーズンを迎え、駒ケ根高原のホテルで結婚式のパーティーに出会いました。かつての伊那地方の結婚式と言えば、列席者がどれほど多かったかが話題の中心となるほどに、多くの親戚・友人・会社関係者などで披露宴会場を埋め尽くさんばかりの大結婚式が当たり前でした。世代が変わり、風潮も変化した現在では、派手な余興の数々や演出は姿を消し、駒ケ根高原ウェディングのようなさっぱりとした結婚式が好まれるようです。
幸いにも駒ケ根高原には、時代のニーズにマッチしたホテルやチャペルが整っており、またロケーションが抜群なことからも人気が高いスポットです。ウェディングドレスのままロープウェイで中央アルプスに登り、千畳敷カールで式を挙げてから、麓のホテルでのパーティーというスタイルも人気です。

DSCN0530